研究・業績

研究・業績

2018年業績

□ 学術論文1(原著)

発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表雑誌名
(巻・初頁〜終頁)
2018 Arai T, et al. Bifidobacterium longum BB536 and Changes in Septicemia Markers Associated with Antibiotic Use in Critically Ill Patients Analg Resusc Curr Res 2018 Vol: 7 Issue: 2

□ 学術論文3(症例報告)

発表年 発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目 発表雑誌名
(巻・初頁〜終頁)
2018      

□ 著書

発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所
または
出版社
2018 新井隆男 今日の治療指針2018 酸素投与法 医学書院  

□ 国際学会

発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2018.05 Yokomori R LIFE-THREATENING INFECTION DUE TO PANTON-VALENTINE LEUKOCIDIN POSITIVE COMMUNITY-ACQUIRED METHICILLIN-RESISTANT STAPHYLOCOCCUS AUREUS IN A COLLEGE STUDENT ATHLETE IN JAPAN 19th European Congress of Trauma & Emergency Surgery

□ 国内学会

発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 発表機関
(学会名)
2018.6.2 三崎萌子
新井隆男
研修医セッション(口演) 準的治療後に再燃し重症化した成人マイコプラズマ肺炎の一例 第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会
2018.5.31 伊藤達哉
新井隆男
一般演題(ポスター) 胆道炎の起因菌として MSSA が疑われた一例 第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会
2018.5.31 守屋まりこ 一般演題(ポスター) 大学体育会系部活動におけるPanton-Valentine Leukocidin陽性市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の鼻腔保菌率 第92回日本感染症学会学術講演会
2018.3.23 山中浩史 一般演題(ポスター) ⼤学体育会系部活動における⾼病原性Panton-Valentine Leukocidin陽性市中感染型メチシリン耐性⻩⾊ブドウ球菌のアウトブレイク 第88回日本衛生学会学術総会
2018.2.23 弦切純也 一般演題(口演) Segmental Arterial Mediolysisの腹腔内出血に、EDコイルアンフィニを用いたDual coaxial systemの有用性 第45回日本集中治療医学会学術集会
2018.2.22 奥村栄太郎 一般演題(ポスター) 脳血栓回収療法、当院の現状と時間短縮の取り組み 第45回日本集中治療医学会学術集会
2018.2.10 新井隆男 一般演題(口演) 軽度〜中等度の頭部外傷患者に対する外傷後早期てんかんのマネージメント法 全国てんかんセンター協議会総会2018
2018.2.10 星合朗 一般演題(ポスター) 非痙攣性てんかん重積状態(NCSE)の鑑別において救命医が実施するワイヤレス簡易脳波検査の有効性と成果 全国てんかんセンター協議会総会2018
2018.2.10 田中洋輔 一般演題(ポスター) 救命救急センターの高齢者てんかん診療について 全国てんかんセンター協議会総会2018
2018.1 新井隆男 シンポジウム: 東京都の地域コーディネーター(二次医療圏レベル)の立場から 第23回日本集団災害医学会総会・学術集会
2018.1 上杉泰隆 一般演題(口演): 災害医療体制の構築における訓練パッケージ化の有用性 第23回日本集団災害医学会総会・学術集会
2018.1 斎藤健吾 一般演題(ポスター): 東京都南多摩保健医療圏において継続実施した情報通信訓練の検討と今後の展望 第23回日本集団災害医学会総会・学術集会

□ 学術関連,広報活動およびその他

発表年月 発表者氏名
(共同発表含む)
発表機関
(学会名)
2018    
ページの先頭へ戻る