研究・業績

研究・業績 2012年

2012年業績

□ 学術論文2(総説)

発表年発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目発表雑誌名
(巻・初頁〜終頁)
2012長田雄大,他【スポーツ医学と救急医学】スポーツと救急救護体制 スポーツ現場における救急科専門医の役割救急医学 36(9): 1022-1025
2012 長田雄大,他【外科医が知っておきたい救急処置】
人工呼吸器管理
消化器外科 35 (10) : 1491-1496

□ 学術論文3(症例報告)

発表年発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目発表雑誌名
(巻・初頁〜終頁)
2012 Tsurukiri J,他 Bleeding at the hepatic flexure of the colon secondary to diverticulosis Clinical Gastroenterology and Hepatology 10 (2) : e11-e12

□ 学術論文4(その他)

発表年発表者氏名
(共同発表含む)
論文題目発表雑誌名
(巻・初頁〜終頁)
2012 弦切純也,他 重症意識障害を呈した脳血管障害患者を対象とした,初期診療における中潜時聴覚誘発電位指数モニタリング 日本救急医学会雑誌23 (6) : 278-281
2012 弦切純也 第70回アメリカ外傷外科学会年次大会 東京医科大学雑誌 70 (1) : 51-52

□ 著書

発行年 著者名 著書名 分担題名 発行所または
出版社
2012新井隆男,他災害救護
災害サイクルから考える看護実践
マスギャザリングヌーベルヒロカワ416-421

□ 国際学会

発表年月発表者氏名
(共同発表含む)
演題名発表機関
(学会名)
2012.09Tsurukiri J, 他Impact of the middle latency auditory evoked potential index for digitizing the degree of consciousness of comatose patients71st American Association for the Surgery of Trauma

□ 国内学会

発表年月発表者氏名
(共同発表含む)
演題名発表機関
(学会名)
2012.11 弦切純也 一般演題(ポスター): 重症意識障害を呈した脳血管障害患者を対象とした,初期診療における中潜時聴覚誘発電位指数モニタリング 第170回
東京医科大学医学会総会
2012.11 弦切純也 一般演題(口演): 緊急頭蓋内手術を要した重症意識障害患者における,中潜時聴覚誘発電位指数を用いた周術期モニタリングと予後評価 第40回
日本救急医学会総会・学術集会
2012.11 一桝倫生,
弦切純也
一般演題(ポスター): くも膜下出血で発症し経過中に皮質下出血を合併したT-S sinus dural AVFの1例 第28回
NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会
2012.11 橋本孝朗,
弦切純也
シンポジウム: 海面静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するtarget embolization cavernous dural AVFの経静脈的塞栓術 Target embolizationを目指して 第28回
NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会
2012.11 佐野秀史 一般演題(口演): プロカルシトニン(PCR)やC-反応性蛋白(CRP)の値から血液培養結果の予測ができるか? 第40回
日本救急医学会総会・学術集会
2012.10 弦切純也 シンポジウム: 臓器移植法が改正され,何がかわったか 東京医科大学八王子医療センター救命救急センターでの脳死下臓器提供の経験 第14回
日本救急看護学会学術集会
2012.06 森崇晃 一般演題(口演): 救命救急センターにおける小児頭部外傷の検討 第26回
日本小児救急医学会学術集会
2012.06 大村泰史 一般演題(ポスター): 両側卵巣腫瘍核出術にて軽快した自己免疫性脳炎 第15回
日本臨床救急医学会総会・学術集会
2012.06鈴木智哉,
弦切純也
一般演題(ポスター): 出血性胃十二指腸潰瘍の内視鏡的止血困難例に対してTAEが有効であった2例 第15回
日本臨床救急医学会総会・学術集会
2012.06 新井隆男 一般演題(ポスター): 血液培養結果予測の指標としてのプロカルシトニン(PCR)やCRPの臨床的有用性に関する研究 第169回
東京医科大学医学会総会
2012.04 弦切純也 一般演題(ポスター): 重症意識障害における初期診療で,意識障害の原因と治療に苦慮した1例 第37回
日本脳卒中学会総会
2012.02 新井隆男 一般演題(口演): 「来たるべき大震災に備える〜臨床検査技師の役割〜」 第9回
東京都医学検査学会

□ 学術関連,広報活動およびその他

発表年月発表者氏名
(共同発表含む)
演題名 内容
(学会名)
2012.12 新井隆男 「東京都の新しい災害医療体制について」 八王子市高齢者救急医療体制広域連絡会
2012.12 新井隆男 エマルゴトレーニング研修 第6回
減災に向けた施設内教育・訓練セミナー
2012.11 新井隆男   方面救急研究会
2012.09 新井隆男 「東京都の新しい災害医療体制について」 平成24年度
救急の日シンポジウム
2012.03 新井隆男 「東京都の新しい災害医療体制」「災害医療・南多摩保健医療圏における災害医療体制について」 平成24年度
南多摩救急セミナー・東京救助救急研究会
2012.02 新井隆男 町自連研修会「自らの命・家族の命」を守るために何をすべきか!・日常及び災害時に必要な個人情報と自主防災活動 八王子市町会自治連合会
2012.02新井隆男 エマルゴを使った災害医療シミュレーション エマルゴ・プロバイダーコース講師
2012.02新井隆男 東京DMAT隊員養成研修講師 平成24年度
東京DMAT隊員養成研修
ページの先頭へ戻る