IVRナースの独語

元気な姿で再会。

更新日時: 2015/04/20  カテゴリ: IVRナースの独語

こんばんわ。

先日の話です。私たち救急看護師は救命センター部門・救命病棟を兼務しています。

病棟担当月があり救命センター担当月がありと月毎に担当が変わります。

 

病棟勤務で、用事があり救命センターへと行った時のこと。

救命センターを受診する1次の患者さんはトリアージ票というものを記載してもらいます。問診票ですね。記載が終わりどうしたらよいかと迷っている患者さんがいたので「お預かりします」と声をかけたところ、「IVRナースさん」と声をかけられました。(←名前で呼ばれまし)た。

 

私:??誰だ?

患者さん:⚪︎⚪︎で入院していた××です。

私:・・・?

ご家族:覚えてないですよね。

私:・・・?そうですね・・・なんとかなく覚えているような・・・。

 

正直その時は思い出せませんでした。でも患者さんと話をしているうちにあれ?そういえばこの患者さん入院していたな・・・。慌ててカルテの記録を確認すると、すべての記憶がよみがえりました。

再び慌てて患者さんの元に行きお話をしてきました。

実はこの患者さん、私と同じぐらいの年の方で、子供が3人いるという境遇が似ていたのでいろいろとお話をしたのです。子育て大変ですよね・・・困りましたね仕事もできないですしと。

 

救命病棟・救命センターで勤務をしていると患者さんの最初は診れますが、その後の回復期・リハビリ期をみることがないまま患者さんは退院や転院をしていきます。元気になりつつある姿・元気になった姿を知らないことが殆どです。

 

今回、元気な姿そしてお子さん・ご家族ともにお会いでき本当にうれしかったです。患者さんから声をかけていただけたことが本当うれしかったです。

 

患者さんの笑顔のために元気になってもらえるよう日々の業務を頑張っていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る