IVRナースの独語

目指すは断らない救急?

更新日時: 2016/04/22  カテゴリ: IVRナースの独語

おはようございます。

最近日の出の時間も早くなったためか、子供たちの起床時間が早くなり振り回されています。

 

当センターの救急は全科当直をしていないため一般症状は当直(夜間勤務している)医師の判断に委ねるところがあります。

いかなる状況もまずは患者さんと最初に会うのは私たち看護師です。患者さんの状況をアセスメントし医師に報告します。多くの患者さんを診察できるよう医師と話し合いを取りながら診察をするか否かを判断します。

例えば、皮膚科の疾患を消化器の先生が診るとなると専門でないため対応が難しい・・・。逆を言えば内視鏡をしないといけない患者さんを皮膚科の先生が診る・・・対応が難しいですね。

私たち看護師が患者さんの状態を判断しながら医師と相談し難しいと判断した際は、他の医師の応援を要請したりします。

多くの患者さんを診察できるよう努力はしていますが、他病院との連携を図りながら、八王子市内の救急患者の対応をしていければと思っています。IMG_3502

 

 

ページの先頭へ戻る