IVRナースの独語

冷やし中華ではありません。

更新日時: 2016/07/17  カテゴリ: IVRナースの独語

ご無沙汰しておりますIVRナースです。

 

さて、いよいよ夏本番という日々がはじまりましたね。

そろそろ巷は夏休みですね。

最近の夏は異常に暑いですよね。なので熱中症になって運ばれてくる方が多いのです。

幸いまだ熱中症の患者さんはいませんが、これから来院することが予想されます。

熱中症の治療で大切なのは冷やすことと水分補給です。詳しくは医師からの説明を待つとして、冷やすための一つとして、点滴を冷やしたものを投与するという方法があります。

そのために今点滴が冷蔵庫の中で冷やされ出番を待っています。

 

まだ熱中症の患者さんが運ばれてきていないので、この冷えた点滴の存在を知らない人もいます。なのでこの写真の一枚。

「冷やしソリューゲン始めました」です。

最初はかき氷の絵とかなかったんですけど・・・

 

使ったら次のために新しいのを入れて、いつでも患者さんに対応できるように準備をします。

 

みなさん熱中症には注意しましょう。FullSizeRender

ページの先頭へ戻る