IVRナースの独語

脳梗塞の最新治療

更新日時: 2017/11/21  カテゴリ: IVRナースの独語

こんにちはIVRナースです。

ご無沙汰しております。

 

先日、八王子含め近隣の脳梗塞の血管内治療を行なっている病院の先生やコメディカルを集めた再開通療法会というのに初めて参加してきました。

各病院の雰囲気や脳梗塞治療の取り組みを見ることができて感動しました。

 

脳梗塞の治療は詰まってしまった血管を早期に再開通させることが求められる治療であり、早ければ早いほど後遺症が軽減します。実際IVRナースは今IVR治療後の現場で患者さんと関わりますが、本当に後遺症が少なくて驚くことが多々あります。

 

ただ、この治療も適応・非適応などがあったり完全に後遺症がなくなるというわけではありません。しかし近年積極的に治療が行われています。

 

当院もこの血栓回収療法が行える施設です。

 

時間短縮の取り組みをもっと行わなければ行けないなとIVRナースの視点からも思っていますが、なにぶん病棟IVRナースなので・・・。
でもIVRナースという一応学会認定ナースとして、なんらかの取り組みを行っていければと考えています。いくつか案はあります。

 

現場を離れてもできることはやっていく。やることいっぱいですけど頑張りたいと思います。

ページの先頭へ戻る