救命救急医のブログ

臨床研究も頑張っています! Part 1

更新日時: 2013/03/04  カテゴリ: 救命救急医のブログ

八王子医療センター救命救急センターでは,日常の救急業務のほかにも臨床研究も行っています.

研究対象は心肺蘇生,重症感染症,外傷など様々です.

 主な研究成果は国内・外の学会で発表し,その後,論文として情報を発信するよう努めています.

本日はその臨床研究論文の報告です.

以前に行った臨床研究の論文が “American Journal of Emergency Medicine”に採択されました!

投稿から採択まで少し時間がかかってしまいましたが,成果がでてよかったです.

 

研究は「心肺停止患者に対して中潜時聴覚誘発電位指数は予後指標になり得る」という内容です.

詳しくはPubMedで検索をっ!

残念ながら,本大学の図書館ではこの雑誌と契約がなさていないので,論文がダウンロードできないんです↘.

以前,総合大学の医学部付属病院に勤めていたことがありますが,多くの海外医学雑誌を読む事が出来ました.

うらやましいっ.

 

八王子医療センター救命救急センターでは臨床研究も頑張っています!

 

アクセプトのメールはこんな感じです.

結構,あっさりですよ〜.

 

Ms. Ref. No.: AJEM3361R4
Title: Initial middle latency auditory evoked potentials index helps to predict resuscitated outcomes in patients with cardiac arrest
The American Journal of Emergency Medicine

Dear Mr. TSURUKIRI,

We have received the review of your submitted manuscript, and I am
pleased to let you know we are able to accept it for publication.

ページの先頭へ戻る