カテゴリー IVRナースの独語 の記事一覧
 

私の持論IVRナースとして

更新日時: 2015/04/14  カテゴリ: IVRナースの独語

こんばんわ。

最近雨ばっかでなんだか気持ちもどんよりしてしまいますよね。

今日は救急と少し離れて放射線看護についてです。

私たち看護師は勤務時間が医師と比べるとしっかりと決められています。

当センターの場合、日勤勤務は8時半〜16時半まで、夜勤者は16時半〜翌朝8時半までです。日勤帯は夜間帯よりもはるかにいろいろなことが行われます。保清にしろ、検査にしろ、手術にしろ、基本的には日中にいろいろと行われます。

放射線業務も例外でなく、日中にいろいろなことが行われます。事前に予約が入っている検査・治療から当日緊急でやらなければいけない検査・治療。患者さんの状態や先生の都合(手術の合間当)に応じて、放射線の検査・治療は行われます。

 

日中に緊急の依頼が入ってくるのですが、キワドイラインの検査・治療が今回議論を呼ぶところなんです。それは16時半。16時に検査・治療のオーダーをいただき、その次にもう1件お願いしたい等や、検査室が16時半まで空きがないので16時半から1件緊急をお願いしたいという依頼。

放射線技師は当然受けます。

看護師も受けます。でも一言あることが加わることがあります。

「16時半以降は看護師つかなくても大丈夫ですか」

ん?

ここにいつも違和感を覚えます。

日中の依頼で確かに業務時間終了時間ですけど、日中依頼の検査・治療はなんとか看護師も介助につくべきではないかと私は毎回思っています。確かに確信犯的にわざとギリギリで検査を入れてくる医師はいます。そして30分で終わるから2件入れてということもあります。

医師だけでも検査はできるかもしれません。でも患者さんの安全・安楽、先生の介助という面ではやはり看護師の力ってとても大切だと思うんです。患者さん痛いって言ってたり苦悶表情浮かべてるのに、先生は手技に集中して気づかなかったりして、辛いまま検査が続いたりしたら患者さんは検査・治療に嫌なイメージしか残らないとおもうし、患者さんの安全が脅かされるかもしれません。だから看護師も一緒にいることが大切だと私は思っているのです。

IVRは、三位一体という放射線技師,看護師,医師が協力して治療・検査にあたるという概念があります。それぞれが専門性を発揮することで最高のパフォーマンスを発揮する。

なので私は、リーダーナースの時、残り番という役職の時は積極的に先生に声をかけ検査介助に16時半でもついています。

これが看護チームの一員としていい行動か(一人だけ乱している)微妙ですけど、私は上記のような持論を持つので、IVRナースとして、看護師として責任を持って介助・看護に当たっていきたいと思います。

 

新年度が始まりいろいろと・・・ありますね。

更新日時: 2015/04/10  カテゴリ: IVRナースの独語

こんばんわ。

最近投稿を怠ってました・・・。

実は、今週は私事ですが子供が保育園に慣らし保育に行き始めました。いろいろと大変で通常保育が始まるのが不安でなりません。お互いに協力して育児仕事をしていこうと思ってますが、職場へ迷惑をかけることもあるだろうと・・・悩めます。でもがんばらないと!

 

そんな今週は、救命センター外来では新人ナースが業務に入り始めました。彼女らがどのように成長し、救命センターで活躍するか楽しみでありますが、私たち先輩?ナース、先生のご指導が鍵ですかね。でも大丈夫です。当センターの看護師、救命ドクターはみな素敵な人の集まり。こんな職場で働けることがラッキーです。

チーム八王子?で八王子の救急を支えていきたいですね!

 

データの解析?

更新日時: 2015/04/04  カテゴリ: IVRナースの独語

こんばんわ。
4月になり新年度が始まりました。

新年度が始まったからといって、私は特に何かが変わることなく・・・。

ただ今年はいろいろと自分で頑張ろうと思っています。看護研究とか?IVRナースとして放射線業務にどっぷり関わっていこうと思っています。

 

そんな中、救命救急ではありませんが同じ救急ということで、循環器疾患のACS患者のカテーテル治療までの時間(Door to balloon time)についてここ数年のデータを調べています。

現状どれくらいの時間を要しているのか、どうすれば短縮できるかをこれから検討していきます。おそらく人員という大きな壁があると思いますが、それ以外に例えば記録、例えば医師が行っていたことを少し看護師が担う等、または医師の協力?、コメディカルの協力?等でまだ改善の余地があるのではないかと考えています。

これはIVRナースとしてとてもいい内容かもしれません。

 

ということで、過去のデータ+記録をみて業務の実際を解析していこうと思います。

 

〜余談〜

すっかり気候は春になりましたね。心地よい陽気が続くので近場の散歩に最近出かけることが多くなりました。そして我が家の放置していた「いちごの苗」がすごく立派に育っています。今年はいくついちごが食べれるか楽しみです。(ちなみに私はサクラ科のアレルギー症状が出るので積極的に今は食べれません)

 

Page 25 of 28 «1 ... 22 23 24 25 26 27 28 »
ページの先頭へ戻る