センターの特徴

センターの特徴

センターの特徴をまとめた動画を作成いたしました。どうぞご覧ください。

救命救急センターの主な施設

救命救急センター 救急車両搬入口

東京医科大学八王子医療センター救命救急センターは、八王子市唯一の3次救急医療施設として、東京消防庁をはじめとして多くの救急患者の受け入れを24時間体制で行なっています。

救命救急センター 外来・初療室

救急患者の受け入れを始め、緊急手術や内視鏡の検査、治療も行うことができます。また、救急受け入れ等については救急コーディネーター(救急救命士)を配置して円滑に進めています。

初期診療後は、院内の各専門科との密接な連携のもと、専門治療や集中治療へと移行していきます。

救命救急センター 集中治療室(I.C.U.)

重篤な急性機能不全患者の集中治療を24時間体制で行います。また、徹底した管理・看護をするために、救急医や他科専門医・看護師間での連携を密接に行なっています。

ヘリポート

屋上にヘリポートを設置し、近隣県からの救急にも対応しています。搬送専用初療室も整備されており、より緊急性の高い患者への対応も可能です。

院内専門部門との連携

救命救急センターが円滑に使命を果たすためには、院内の各専門部門との連携は欠かせません。(他部門も随時追加いたします)

放射線検査部門

冠動脈撮影室

CT検査室

MRI検査室

血管撮影室(CT + angio)

ページの先頭へ戻る