救災害医療活動

2012年12月16日:第1回八王子JTASコース

更新日時: 2012/12/17  カテゴリ: 災害医療活動の詳細
内容 第1回八王子JTASコース
日時 12月16日(日) 9時30分〜16時
場所 東京医大八王子医療センター講堂
スタッフ コース運営担当者:西田沙織
リードインストラクター:背戸陽子
認定医師アドバイザー:新井隆男

多くの方のお力で第1回を実施することができました。ありがとうございました。

第2回以降も随時計画いたします。全国のJTASコース開催予定に関しては
日本臨床救急医学会HP:JTASコースについてを参照ください。


JTASとは

2012年4月から院内トリアージ実施料が算定可能となり、全国の救急医療施設では本質的な院内トリアージ法の習得が必要になりましたが、その共通基盤としてJTASが推奨されています。

JTASとは、Japan Triage and Acuity Scale の略で、日本の代表的な緊急度判定支援システムです。これは1998年よりカナダで実施されたCTASを基として、主に日本臨床救急医学会や日本救急看護学会が主体となり2008年に導入されました。現在、iPADを用いたグループワークを行う習得コースが全国展開されており、当施設も開催しました。

第1回八王子JTASコース実施の様子

第1回八王子JTASコース開催ポスター
(クリックで拡大します)


ページの先頭へ戻る