医療従事者向け ポケットガイド

敗血症ガイドラインのまとめ

更新日時: 2013/02/07  カテゴリ: ポケットガイド, 感染症

(日本版敗血症診療ガイドライン2012をさらに簡潔にまとめつつ、一部補足も行いました)

1.敗血症の定義と診断

敗血症の定義

敗血症=sepsisは感染によって発症した全身性炎症反応症候群(SIRS)とする。
SIRSの定義は以下の4項目のうち2項目以上が該当する場合とする。

  1. 体温>38℃または<36℃
  2. 心拍数>90回/分
  3. 呼吸数>20回/分またはPaCO2<32Torr
  4. 末梢血白血球数>12,000mm3または<4,000mm3,
敗血症の重症度分類

敗血症の重症度分類として、重症敗血症、敗血症性ショックを用いる。

重症敗血症とは敗血症の中で、臓器障害や臓器灌流低下(乳酸アシドーシス,乏尿,意識混濁)または低血圧を呈する状態。

敗血症性ショックとは重症敗血症のなかで,十分な輸液負荷を行っても低血圧(収縮期血圧<90mmHgまたは通常よりも>40mmHgの低下)が持続するものとする。ただし、循環作動薬が投与されている場合は、低血圧でなくてもよい。

敗血症に有効なバイオマーカーとは?

CRP,IL-6,プロカルシトニンがある程度有用であるが,現時点では敗血症を確実に診断できるバイオマーカーはない。

2.感染症の診断

培養検体の採取は何を、どのタイミングで行うか?

重症敗血症/敗血症性ショックでは菌血症を合併している可能性が高いため、すべての症例において,抗菌薬投与開始前に血液培養を行う。ただし、治療開始が遅れることのないよう。

同時に,推定感染原因部位からの検体を無菌的に採取し,塗末検査と培養同定・感受性検査を行う。

髄膜炎→頭蓋内圧亢進症状のないことを確認した後,髄液採取。

肺炎→気管支鏡下あるいは盲目的に気管支肺胞洗浄液を採取し、定量培養を考慮する。

中心静脈カテーテル関連血流感染症→血液培養のうち1セットはカテーテルから採取し,カテーテルを抜去して先端を定量的培養検査に提出する

血液培養の正しい取り方は?

穿刺部の皮膚を,アルコール含有クロルヘキシジン(ヒビテンなど),アルコール含有10%ポビドンヨード(イソジン液など)あるいはアルコール前清拭後水溶性10%ポビドンヨードで消毒する。

血管経皮穿刺により,1セットあたり20mlを2セット以上(感染性心内膜炎を疑う場合には3セット)採取する。

経験的抗菌薬投与のタイミングは?

診断後,1時間以内に経験的抗菌薬投与を開始する。

感染症、原因菌の経験的治療薬は?

経験的治療では、原因感染症を推定し、その感染症で疫学的に頻度の高い原因菌を十分カバーできる広域抗菌薬の投与を行う。
(表1「表1.疑わしい感染症別の経験的治療薬」を参照)

3.標的治療薬は?

原因菌が確定したら,感受性結果を評価し,表2を参考に,抗菌薬を標的治療薬に変更する。

標的治療薬は,単剤を基本とする。

黄色ブドウ球菌やカンジダ属が血液培養から検出された場合には,感染症専門医へのコンサルトが望ましい。

(つづく)

◇◆◇

Written By S.Fujimaki

お問い合わせ

ポケットガイドの内容に関してのお問い合わせは 【y-nishi@tokyo-med.ac.jp】までへメールをお送りいただくかこちらのメールフォームをご利用ください。
【※メールでの診療に関するお問い合わせはお答えすることができません】

お名前 ※必須

企業・団体名など

メールアドレス ※必須

内容 ※必須

ページの先頭へ戻る