医療従事者向け ポケットガイド

薬物中毒の治療2:強制利尿

更新日時: 2013/03/02  カテゴリ: ポケットガイド, 中毒・毒物

「たくさん点滴しておしっこからクスリを捨てましょう」というのが”強制利尿”です。

しかしこれは全ての薬物中毒に対して有効な治療ではなく、ごく限られた薬剤、具体的には、主にサリチル酸やフェノバルビタール中毒にのみ有効、とされています。

また、これらの薬剤を尿中に排泄させる際は、その促進ために尿のアルカリ化をすることが勧められています。

詳しくは、日本中毒学会のHP(薬物中毒の標準治療)に記載されています。

お問い合わせ

ポケットガイドの内容に関してのお問い合わせは 【y-nishi@tokyo-med.ac.jp】までへメールをお送りいただくかこちらのメールフォームをご利用ください。
【※メールでの診療に関するお問い合わせはお答えすることができません】

お名前 ※必須

企業・団体名など

メールアドレス ※必須

内容 ※必須

ページの先頭へ戻る