医療従事者向け ポケットガイド

Artzの基準

更新日時: 2013/01/08  カテゴリ: ポケットガイド, 熱傷

重症熱傷(総合病院に転送し入院加療を必要とするもの)

① Ⅱ度熱傷で30%以上のもの
② Ⅲ度熱傷で10%以上のもの
③ 顔面、手、足の熱傷
④ 気道の熱傷が疑われるもの
⑤ 軟部組織の損傷や骨折を伴うもの

これらは輸液の絶対的適応であり、しかも特殊な治療を必要とするために、やはり総合病院の十分な設備のもとで加療すべきである。

中等度熱傷(一般病院に転送し入院加療とするもの)

① Ⅱ度熱傷で15~30%のもの
② Ⅲ度熱傷で10%以下のもの

これらは輸液の比較的適応のものであり、症状に応じて輸液を施行する症例である。

軽度熱傷(外来で治療できるもの)

① Ⅱ度熱傷で15%以下のもの
② Ⅲ度熱傷で2%以下のもの

これらは輸液の必要はなく通院で十分な過量ができるものである。

« :前の記事

次の記事: »

お問い合わせ

ポケットガイドの内容に関してのお問い合わせは 【y-nishi@tokyo-med.ac.jp】までへメールをお送りいただくかこちらのメールフォームをご利用ください。
【※メールでの診療に関するお問い合わせはお答えすることができません】

お名前 ※必須

企業・団体名など

メールアドレス ※必須

内容 ※必須

ページの先頭へ戻る