八王子医療センター 救急科の活動

献体による外傷手術臨床解剖学的研究会(2019.3.6)に参加しました

更新日時: 2019/03/12  カテゴリ: 救急科の活動

平成31年3月6日、今年で10年目を数える、東医大「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」にアシスタントとして参加させていただきました。

低侵襲治療に向かう現代医学の昨今、実臨床で外傷手術を行うことは少なくなりつつあります。

しかし救命のための外傷手術(ダメージコントロール)は、消えゆくことはありません。そして人体解剖の知識は、全ての医学の基礎と言えます。

さて今回も、救急専門医を志す若手から、10数年目を数える脳外科医・整形外科医・救命医を交えて解剖学的研究会が行われました。

他施設の貴重な症例を共有しながら、様々なディスカッションが行われました。解剖の基礎から手技中のピットフォールまで、1日では時間が足りないほどでした。

外傷手術の術式はおそらく10年前とほぼ変わっていません。

しかし多発外傷により助かる命は、増えているはずです。

目の前にその患者が来る時に備え、Trauma surgeonのマインドを忘れてはならないと改めて感じました。

 

八王子医療センター 後期研修医 某2年目

ページの先頭へ戻る